読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Konifar's WIP

親方!空からどらえもんが!

新人にイラついてしまった時の備忘

組織にとって新人は期待の風です。しかしその期待の振り幅が大きい分、逆にイラついてしまうこともあります。

「何回も同じこと注意するの嫌だなぁ」とか「もっと考えてきてほしいなぁ」というのがよくある話ですが、ふとした時につい強く言ってしまうことがあるんですね。で、あとでいつも後悔するわけです。イラつきというのはそれ自体で何かがよくなるわけではないし、無駄に疲れるし、自分にとっては害でしかないです。

あとで自分で見返せるように、新人にイラついてしまった後に後悔しながら考えていることをまとめておこうと思います。先に言っておくと、ほとんどマインドセットの話なので万人に共通するような話ではないです。

続きを読む

potatotips #28 Android発表まとめ

開発 Android

モバイルアプリの知見共有会であるpotatotipsにブログまとめ枠で参加してきました。

potatotips.connpass.com

会場は外苑前にあるエウレカさんのシャレオツなオフィスでした。

f:id:konifar:20160420203750p:plain

f:id:konifar:20160420205748p:plain

資料はいつものGitHubリポジトリに上がると思うので、Androidの発表を聞いて自分が考えたことをメインにざっくりまとめます。

続きを読む

DroidKaigi 2016 公式アプリのOSS成功要因

オープンソース化した直後くらいに一度経過を書きましたが、今回はその後日談です。

konifar.hatenablog.com

個人的には、今回のOSSは大成功だったんじゃないかなと思います。成功の定義は難しいですが、自分だけで開発するよりもずっと速く開発できたこと、自分も知らないイケてる実装が次々にぶっこまれたこと、前夜祭のような盛り上がりを見せたことなどを鑑みると、成功したと言っていい気がします。

盛り上がりの様子は、ContributorsやPR、Issuesの数から見て取れます。 184個のPR、114個のIssuesが投げ込まれ、35人ものAndroiderがContributeしてくれました。2週間弱のプロジェクトとしてはスピード感あって、まさに集合知という感じで最高でした。

f:id:konifar:20160227094616p:plain DroidKaigi 2016 Welcome Talk Day.2 // Speaker Deck

忘れないうちに、今回のOSSがなぜ成功したのかを少し振り返っておこうと思います。成功要因というと大げさですが、自分が少し気をつけていたことや、後から考えるとよかったことをまとめておきます。

続きを読む

登壇者として参加したDroidKaigi 2016

去年のDroidKaigi 2015は聞く側で参加しましたが、今回は登壇者として参加しました。うまくいったこともあれば失敗して申し訳ない気持ちになったこともたくさんあったので、少し整理しておこうと思います。次は登壇者として参加したい、CFP送ってみたいという方の参考になれば嬉しいです。

続きを読む

オープンソースでDroidKaigiのカンファレンスアプリ作ってる

開発 Android

DroidKaigi 2016がいよいよ来週開催されます。

ふとした思いつきでDroidKaigiのカンファレンスアプリを作ったところ公式アプリとしてリリースさせていただくことになり、今現在完全オープンソースで色んな人がコミットしてくれています。スピード感あってなかなか面白いので、忘れないうちに経緯をまとめておこうと思います。

github.com

アプリは現在こんな感じです。デモとしてアラビア語表示にも対応しています。

f:id:konifar:20160211020950p:plain

続きを読む

こんな風になりたいと感じる大人の振る舞い

SHIROBAKO Advent Calendar 25日目の記事です。

月日が経つのは早いもので、もう最終日となりました。参加していただいた皆さんありがとうございました。今までの愛に溢れた記事は、昨日の@kgmyshinさんの『総集編はもういやだ』にまとまっています。

初日はロロについて好き勝手書きましたが、今回はSHIROBAKOの登場人物の 『大人の振る舞い』について書きます。

『大人』という言葉は抽象的で、人によって思い浮かべるイメージが違うと思います。20歳以上を大人と捉えることもできますし、社会人になって自立した状態を大人と呼ぶ人もいます。ただ 久乃木ちゃんは大人なのか?」と聞かれれば、ちょっと悩んでしまいますね。私自身、精神的な意味で『大人』というのがどういう姿なのか未だに定まっていません。

そんな中で、SHIROBAKOに出てくる登場人物は、物語の要所要所で具体的な『大人』のロールモデルを示していたように思います。「こういう大人になりたいなぁ」「歳取ったらこんな風になりたいなぁ」と感じる振る舞いがたくさん盛り込まれていて、色々と考えることも多かったので、思考整理を兼ねてまとめておこうと思います。

続きを読む